I can go the distance

看護学生が座位睡眠しながら書いてます

テーマポートソングについて(ロストリバーデルタ編)

一昨日、昨日に引き続きテーマポートソングについてです。なんかワンパターンでごめんなさい。



今日は中央アメリカの熱帯雨林を再現したエリア、ロストリバーデルタのテーマ曲 "Lost River" を紹介します。



歌詞

www.kkbox.com

和訳


むかし あるところに
金色に輝く宮殿があった
数百年前からある宮殿だ


人と石で建てられた
彼らの秘密はその中にある
砂と遺跡の中にある
勇敢な者たちは足を踏み入れた
失われた伝説と謎に満ちた言い伝えを探すため
道すがら姿を消したものもいる


失われた河は流れ続ける


謎は過去を隠す
霧の中の影のように
それでも我らは先へ進む
勇敢な者は進まなければいけないのだ
隠された答えを見つけ出せ


未開のまま 力強く
失われた河は流れ続ける


我らは危険にも闇にも挑むのだ
心に刻まれた運命を頼りに
若さの泉で新たな真実を見つけ出すのだ
時を巻き戻すため


勇敢な者は進まなければいけないのだ
隠された答えを見つけ出せ
失われた河は流れ続ける

解説


1番の歌詞は伝説を語る人の目線で、2番からの歌詞は魔宮を探検する人の目線と解釈できる歌詞です。


”Built of stone and men”、「人と石で建てられた」というところは人身供儀があったことを踏まえた歌詞です。アステカの人々には生贄の文化があり、生きたまま心臓をえぐって神に差し出したといいます。クリスタルスカルノの魔宮の前にある台座も生贄の儀式を行うためのものだったようです。

flic.kr


そして歌詞に "lore" (言い伝え)という言葉が使われていますが、ラテンアメリカ民族音楽フォルクローレ ”folclore” というジャンルがあり、これを意識して使われたものだと思われます。フォルクローレケーナサンポーニャといった竹製の管楽器が使われているのが特徴なので、その楽器が使われているこの曲はフォルクローレを意識して作られていると言えるではないでしょうか。

モデルになったと思われる曲



El condor pasa - PERU


これはずばり「コンドルは飛んでいく」なのではないでしょうか。そう言う理由は、いろいろCDを借りてこの曲が一番 ”Lost River” っぽかったからです。それだけ。でもイントロでコンドルっぽい鳴き声が聞こえるし、わりと的外れではないと思います。


なんかミスティックリズムっぽい感じもありますけどね。




えー、まとまりませんでしたが明日は「ポートディスカバリー編」です(笑)