THANOSセオリーの正解がわかっちゃったかも事件


マーベルファンの皆さんこんばんは、ジャンクションです。


突然ですが、みなさんは「THANOSセオリー」をご存知でしょうか。

これはマーベルシネマティックユニバースに登場する重要アイテム、インフィニティストーンに関係する物の頭文字を拾って並べると、サノス(THANOS)という名前が浮かび上がのではないかという説です。




4次元キューブの別名テッセラクト(Tesseract)のT、エーテル(Aether)のA、アガモットの目であるネックレス(Necklace)のN、オーブ(Orb)のO、ロキが持っていたセプター(Scepter)のS、そしてインフィニティウォー公開前、Hからはじまる何かがソウルストーンとして登場するのではないか、とファンの間ではまことしやかに囁かれていたわけです。例えばヘイムダルの目(Heimdal)やソーのハンマー(Hummer)、ブラックパンサーのハーブ(Harb)などなど...。


しかし、『アベンジャーズ /インフィニティウォー』では、ついにソウルストーンが登場し、「ソウルストーンはHからはじまるものとして登場する」という予測は否定されてしまいました。が、正しい答えがわかっちゃったっぽいんです!




以下の内容は『アベンジャーズ /インフィニティウォー』のネタバレを含みます


















実はソウルストーンはHではなく、Sの方を担当するのではないでしょうか。具体的言うと、Hを担うのは、おでこにマインドストーンを埋め込まれたヒューマノイド(Humanoid)、ヴィジョン。そしてSを担うのは、ソウルストーンの代わりに生贄(Sacrifice)として捧げられたガモーラ。あるいはレッドスカルが言っていた''Soul for Soul''という台詞から単に''Soul''のSとも考えられるのですが、いかがでしょう!


お!不特定多数の拍手が聞こえる!



ちょっとすっきりしたところで、今日はばいばい!