I can go the distance

看護学生が座位睡眠しながら書いてます

ハロウィンタウンの住人解説 サリー編

今回はハロウィンタウンの良心(?)、サリーの解説です。うす味です!


彼女のモデルはフランケンシュタインの怪物です。これは天才科学者が墓地の死体から生命創造を行なってしまい生まれた怪物です。



ご存知の方もいらっしゃると思いますが、あの怪物の名前がフランケンシュタインなのではなく、怪物を作った博士の名前がフランケンシュタインです。怪物に名前はありません。


そしてサリーを作ったフィンケルシュタイン博士のモデルはフランケンシュタイン博士で、助手のイゴールは『フランケンシュタイン』に登場した男がモデルだと思われます。イゴール(↓)は背中が曲がっている(いわゆるせむし)のが特徴です。



そして、なぜ彼女がサリーという名前なのかについて詳しくはわからないんですが...。小説のフランケンシュタインの作者の名はメアリー・シェリーと言います。サリーとシェリー、ちょっとだけ響きが似てる?だったらシェリーって名付けるよな。わからんなぁ。何かご存知の方がいらっしゃいましたら、ぜひ教えてください。




メアリー・シェリーといえば2018年12月に『メアリーの総て』という映画が公開されます。フランケンシュタインが執筆されてから今年で200周年の記念として製作されたそうです。見に行きたいね!