I can go the distance

Zero to Hero

映画で映画を深めよう 『アベンジャーズ』編

 

映画で映画を深めよう。今回は『アベンジャーズ』を深める映画を紹介します。

 

その映画は『七人の侍』です。

 

 

七人の侍』は、黒澤明監督の時代劇です。慎ましく暮らす農民の村が、野武士というアウトローたちに食料や金を略奪され苦しんでいましたが、一念発起してリーダーである島田官兵衛を筆頭に侍たちを集め、野武士たちに反撃します。この映画は「侍集め」「戦闘準備」「戦闘」の三部構成で作られています。この筋書きは『バグズライフ』『ローグ・ワン』など、たくさんの映画に影響を与えています。とくに『荒野の7人』『宇宙の七人』など、七人で脅威と戦う映画を、映画評論家の町山智弘さんは「七人もの」というジャンルで捉えています。

 

 

アベンジャーズ』もおそらく「七人もの」映画の1つです。アイアンマン、キャプテン・アメリカ、ハルク、ソー、ブラック・ウィドウ、ホークアイ、そして指揮官のニック・フューリーを含めた七人が、宇宙からの襲来者から地球を救います。

 

 

七人の侍』では、野武士の襲撃直前に、百姓たちが落ち武者狩りをしていたことが明らかになります。つまり、侍たちはこれから助けようとしている百姓たちに同胞を殺されていたということです。これに対して侍たちの結束は乱れてしまいます。しかし、野武士たちについに襲撃されたとき、侍の一人が殺されたことで侍たちは結束を取り戻し、一丸となって反撃に向かいます。『アベンジャーズ』では、トニー・スタークがウザすぎるせいでアベンジャーズがバラバラになってしまいましたが、フィル・コールソンがロキに殺されたことで、結束力を取り戻します。この辺もきっと『アベンジャーズ』が影響を受けたポイントです。

 

 

七人の侍を結集し指揮を執るのは島田官兵衛ですが、アベンジャーズを結集し指揮を執るのはニック・フューリーです。『荒野の七人』のユル・ブリンナーもそうでしたが、「七人もの」のリーダー格キャラはハゲが目印になることがあります。「人生経験」と「髪の少なさ」は比例しがちですもんね。だから島田官兵衛もニック・フューリーもハゲなんです(多分)

 

 

 

ということで今回は『アベンジャーズ』を深める映画『七人の侍』を紹介しました。