I can go the distance

Zero to Hero

【#ジャンクションファーフロムホーム】カリフォルニア旅行記 その1(準備編)



はじめに

ボンクラ大学生は初っ端からポンコツムーブの連続!
無事に出発できるのでしょうか...!(?)


準備は盛りだくさん

海外旅行は準備が大変です。立ちはだかる試練を乗り越えなければなりません!



【試練その1】パスポート取得

役所を行ったり来たり平日昼間に予定空けたりしてめっちゃ面倒でしたが、なんなくクリア!晴れて人生初のパスポートをゲットです!いやー、嬉しかった!



【試練その2】貯金


週3〜4回コンビニ夜勤で働きつつ、掛け持ちの飲食店でバイトしました。また8月からは夜間介護のバイトも、、、まーじでこれが一番大変だったかも!


コンビニの冷蔵庫で極寒の中ぶっ倒れたり、自転車乗りながら意識失ったりして、寿命削ってる感が身体だけでなく精神まで蝕みました。アナハイム行く目標がなければ頑張れなかったかもしれません。ほんとコンビニ夜勤はやめといた方がいいよ!




コンビニ夜勤は辞めるのも一苦労で、後続の人材が見つからないとオーナーが意地でも引き留めてきます。オーナーもオープンから5年間も休まず1日16時間労働し続けてる方なので人材確保に命がけです。恐ろしい!


オーナーには申し訳ないですが、辞めることができた瞬間の気持ちよさはシャブでも敵わないと思います。ほんとコンビニ夜勤はやめといた方がいいよ!(2回目)



【試練その3】クレジットカードの作成


先人のすんさんのブログを読んで絶対に2枚目のクレカが必要だと思っていましたが、さすがボンクラ、出発の2日前まで何もしてませんでした!ギリギリで焦りましたが、アコムで即日発行のクレカをゲットです!


むじんくん」なんて一生縁がないものだと思ってたよ!ハロー消費者金融!帰国したら一瞬で解約です!


(このときの行動により、のちに命拾いすることになろうとは知る由もありませんでした....)




【試練その4】ディズニーランドのツアープログラムの参加登録


アナハイムのディズニーランドはウォルトが唯一指揮を執って開園させたパークです。ウォルトのファンとして、ディズニーランドでウォルトの足跡を辿るツアーは外すことができません。


消防署の二階、普段ゲストが立ち入ることが出来ないウォルトのプライベートアパートに立ち入るには方法は一つ、"Walk in Walt's Footsteps"というツアーに参加するほかありません。


ツアーの参加は電話予約が必要です。初めての国際電話はディズニーランドのオペレーターでした。


「ハ、ハロー。アイド ライク トゥ メイカ リザーベイション!」

って全然英語喋れんよな。センター英語レベルの語学力だもん。電話なのでジェスチャーも使えません。


なんとか予約が完了したときには汗びっしょりです。本当に疲れましたし、オペレーターさんには迷惑を掛けました。I'm sorry 3000.



【試練その5】ESTA申請

人生の先輩から散々「ESTAは早めに申請しておこうね」って言われてたのに色々忙しくて前日まで放置してました。バカヤロー!



この画面見たときは凍りつきました。入国できるのかしら。もう僕の旅は終わっていたのでは??


出発前日は仕事の勉強会があり朝7時から夜8時まで身動き取れなかったので、帰りの電車でESTAのサイトで長い長いフォームを埋めて、いざ送信のときにセッション切れになってまた最初から、みたいなポンコツムーブを繰り返しました。


しかも後から気づいたんですが、ESTAのサイトだと思っていたのが謎の申請仲介業者のサイトでして、通常の申請料が14ドルのところ70ドルを取られました。ばかすぎる。皆さんは気をつけてくださいね。



【試練その6】学校の課題


これは出発当日まで終わりませんでした。開き直って飛行機の中でやることにしました。





【試練その7】パッキング

誕生日に友人たちから貰ったサノスみたいなスーツケースにパッキングしていきます....終わらん!


出発当日の深夜3時に終わりました。起床は4時。もうめちゃくちゃです!







「バナナは持った?」


持ちました!


出発!

ESTAの申請が奇跡的に通っていたことを確認して最寄駅から羽田空港へ!




I am going on vacation!



【教訓】
・コンビニ夜勤はやめておこう
ESTAは早めに申請しよう
アコムカードは作らないようにしよう
・ちゃんと寝よう


〜この記事は連載です〜